ラグナロクオンラインのsurt鯖で寝落ちしてる人の日常
by ahya-i
カテゴリ
全体
ご挨拶
キャラ紹介
あひゃいな日常
GA
雑記
リアルプロフ
Gv
コラム
リアル
R化後 キャラ
未分類
以前の記事
2014年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
rink
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無駄な命なんてひとつもない

事実を知ることはとても怖いことです。
そしてその事実を受け入れることはとても勇気がいることです。

この記事を書くかどうかは少し悩んだけれど、自分という人間がどういう人なのか
ほんの少し知ってもらいたいという気持ちから書いてみようと思いました。


まず、先日大切なGMさんが交通事故で亡くなりました。
それほど沢山話をしたわけではないのですが、僕と地元が同じで歳も同じでした。
みんなショックを受けたと思うけど、関係が深かった人は引退した人もいました。
突然大切な人を亡くすことはとても辛いことです。
病気と違い、事前の覚悟が一切ないので、突然奪われたような感覚になると思います。
そしてそこからくる喪失感というのは、おそらく一生消えることはないでしょう。
一週間、数ヶ月、数年と、時が経つにつれてすこしずつ和らいできても、戻ることはない。
けれどもそれでも人は先に進まなければいけません。
いつもと180度違う景色になったとしても、時間はただ先に進むしかないのだから
自分たちに出来ることは、ただただ25歳で命を落とした彼のことを忘れずに、刻み込み、そこから学ばなければいけません。

生後まもなく死んでしまう赤ん坊や、最近本当に多いですが車が突っ込んできて突然命を奪われてしまう方。
たとえ生きた時間が、短くてもその間に必ずなにか大切なものを残していってくれているのだから、生きてる人間がそこから学び未来に進んでいかなくてはいけないと僕は思います。

たとえそれが、オンラインゲームという顔の見えない関係であったとしてもです。

残念なことに人は大切なもの失ってから、本当にそれがどれほど大切であったかに気づくことが多いです。
ここからは僕個人の話になります。

GMさんの事故とほぼ時を同じくして、僕の身体に病気がみつかりました。
前からなんとなく調子が悪いと思っていたのですが、特に気にもせず普通にしてました(日常生活にはなにも問題なかったので)
ところが最近は座っていて目眩があったり、息が苦しかったりしたので心配になって病院で検査してもらいました。
病気は血液の病気で、良性型ならば1.2年で完治し、悪性なら外科的手術が必要で最悪の場合死にいたるものでした。
僕は悪性か良性の結果がでるまでの一週間、後悔でいっぱいでした。
いままでの不規則な生活を後悔したのもありましたが、それ以上に恋人にとてつもない心配をかけてしまったからです。
症状が重いのならば、一緒にいないで別の人といたほうが楽なんじゃないか?などと愚かなことまで考えてしまい。でもそれと同じくらい今辛い状況だからこそなおさらそばにいて欲しいとも思いました。

検査の結果が昨日でたのだけど、良性のものでした。
症状が消えるまで一年か二年くらいはかかるそうだけど、とても安心しました。
これからは自分の生活を見つめ直して、早くよくなるように心がけようと思います。
病気になって気づいたことも多いので、そういう意味でも無駄にしないようにしたい^^
[PR]
by ahya-i | 2012-05-29 16:36 | 雑記
<< 滋賀県 大津市の中学生の事件の話 ガトーショコラ >>